▼ 記事一覧 (クリックで展開)

CAD関係
・CADを使った靴型デザイン(その1)【従来の方法との違い】
・CADを使った靴型デザイン(その2)【振り角とヒールカーブ角度】
・CADを使った靴型デザイン(その3)【ヒールのパラメトリックデザイン】
・CADを使った靴型デザイン(その4)【再現性と可逆性】
・CADを使った靴型デザイン(その5)【ルール化とリバースエンジニアリング】
・CADを使った靴型デザイン(その6)【靴型CADの運用モデル】
・CADを使った靴型デザイン(その7)【靴型のパラメトリックデザイン】
・CADを使った靴型デザイン(その8)【3DCADと3Dプリンタの活用】
・CADを使った靴型デザイン(その9)【3Dデザインのその先】
・3DCADによる設計について過去展示物
・EIGHT QUEENとメビウスの輪
・3dCADとかがみ式(3D Modeling Last between Kagami Method)

靴作り
・靴作りの用語(その1)【革の種類】
・靴作りの用語(その2)【靴の部分の呼び方】
・靴作りの用語(その3)【見えない部品】
・靴作りの用語(その4)【甲部分の部品】
・JIS規格の足囲と靴型のボールガースの関係
・かがみ式とは?(What? Kagami Method)

専門向け
・ヒールとれ問題の対策について(その1)【問題の把握】
・ヒールとれ問題の対策について(その2)【故発生の要因の考察】
・ヒールとれ問題の対策について(その3)【対策】※専用センタービス、補助釘の御案内あり
・ヒール強度について

トピック、その他
・ブログはじめます。
・科学と経済
・確率とビジネス(その1)【モンティホール問題】
・確率とビジネス(その2)【確率の理解】
・確率とビジネス(その3)【開発における達成率(完成度)】

2019年03月13日

確率とビジネス(その1)

モンティホール問題
モンティホール.jpg

最近「モンティホール問題」の記事が目につきました。
この記事は仕事上の何か重要な点を示唆しているのではないかと感じました。
これに関連して、仕事上での確率についての私の思うところを書きます。。

モンティホール問題とは
ご存知の方も多いと思いますが、アメリカのテレビ番組で3つのドアのどれか1つの向こう側に賞品の車が入っていて、それを当てる問題です。
一般参加者が幸運にも賞品の入っているドアを選べば賞品をもらえるというものですが、その進行過程の中に1つの論争が起こりました。
まず参加者は1つのドアを選びますが、開けて中を見る前に司会者は、選ばれなかった残りの2つのドアの内1つを開けて見せます。
そこには賞品はありません。そこで司会者は参加者に開けなかったもう1つのドアに最初に選んだドアから替えても良いし替えなくてもよいがどうするかを選択させます。
果たしてとちらの選択が正しいのでしょう?
ある視聴者がこの疑問をマリリン・ボス・サバントという天才が開く質問コラムに投稿します。
彼女は「替えた方が当たる確率は高くなる!」と答えますが、そのコメントに対し大学教授などから間違っていると批判を受け論争となります。
のちに彼女が正しいと証明されますが、一見複雑でない確率論でも専門家や多くの人が直感的に間違った答えに固執するという重要な事例の1つではないでしょうか。

天才マリリンもですが、素直にこの問題に着目し、マリリンに質問状を送り、世に広めてくれたその視聴者に賞賛を送りたい。

WEB上にこの確率論の説明は多数載っていますので解説は省略しますが、この場合
最初に選んだドアのままは3分の1、変えた場合は3分の2で確率は2倍になります。
(ちなみに4つのドアから始めて、1つのはずれのドアが開けられ、変えてもよいドアが2つある場合の確率は、最初が4分の1:残りの2つが8分の3となり,替えた方が1.5倍可能性が増します。)

勿論、変えなければ当っていたという場合もあります。3分の1の確率です。
その低い方の確率の場合が起こる不安からより高い確率をとれない人もいるでしょう。
これは確立に対する認識の違いともいえるでしょう。
少なくともプロのギャンブラーにはなれませんね。

ビジネスをしている以上、当然理のある方法を採りたいと思うのは当然です。
複雑な現象といえる、ビジネスにおいてすべてを確率で処理することは不可能でしょう。
しかも確率の世界の中でもサイコロは振られるのです。
しかし、様々な努力を成功に導くためにも、不完全な確率式であっても、直感的なものであっても、確率をビジネスに取り入れることは従来と全く別の手段を発想出来るかも知れません。

・・・つづく・・・
posted by 株式会社 パイン at 14:40| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: