▼ 記事一覧 (クリックで展開)

CAD関係
・CADを使った靴型デザイン(その1)【従来の方法との違い】
・CADを使った靴型デザイン(その2)【振り角とヒールカーブ角度】
・CADを使った靴型デザイン(その3)【ヒールのパラメトリックデザイン】
・CADを使った靴型デザイン(その4)【再現性と可逆性】
・CADを使った靴型デザイン(その5)【ルール化とリバースエンジニアリング】
・CADを使った靴型デザイン(その6)【靴型CADの運用モデル】
・CADを使った靴型デザイン(その7)【靴型のパラメトリックデザイン】
・CADを使った靴型デザイン(その8)【3DCADと3Dプリンタの活用】
・CADを使った靴型デザイン(その9)【3Dデザインのその先】
・3DCADによる設計について過去展示物
・EIGHT QUEENとメビウスの輪
・3dCADとかがみ式(3D Modeling Last between Kagami Method)

靴作り
・靴作りの用語(その1)【革の種類】
・靴作りの用語(その2)【靴の部分の呼び方】
・靴作りの用語(その3)【見えない部品】
・靴作りの用語(その4)【甲部分の部品】
・JIS規格の足囲と靴型のボールガースの関係
・かがみ式とは?(What? Kagami Method)

専門向け
・ヒールとれ問題の対策について(その1)【問題の把握】
・ヒールとれ問題の対策について(その2)【故発生の要因の考察】
・ヒールとれ問題の対策について(その3)【対策】※専用センタービス、補助釘の御案内あり
・ヒール強度について

トピック、その他
・ブログはじめます。
・科学と経済
・確率とビジネス(その1)【モンティホール問題】
・確率とビジネス(その2)【確率の理解】
・確率とビジネス(その3)【開発における達成率(完成度)】

2016年07月04日

靴作りの用語(その4)

靴のパーツ(部品)の呼び方(3)

甲部分の部品
外から見える部品について述べます。

甲部分は靴のパーツとしては甲革アッパー(Upper)などと呼ばれます。工程管理上は製甲(上がり)ともいいます。
「甲革」はアッパー(甲革)の表素材の事を指す場合もあります。

アッパーの部品は、靴の種類、デザインによって使われるものはまちまちですが、よく使われるものを挙げます。


IMGP0521.jpg IMGP0448.jpg
続きを読む
posted by 株式会社 パイン at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【専門向け】ヒールとれ問題の対策について(その3)

対策
●まずバランスを考える
物は負荷が大きくなっていくと、いつか弱いものから壊れてゆきます。
理解されにくいのですが、いくつかの部品の組み合わされているものは、一方を頑丈にすると他の部品が壊れ易くなります。
負荷が分散できず弱いところに集中するためです。  

剛性の高い(曲がりにくい)ヒールを使うと、中底やビスの負担は大きくなります。
硬い中底を使用すると、ヒール材の負担は大きくなります。
試験結果やクレームデータを見て、まずは弱点を補強し全体のバランスを取ることが必要といえます。


●作業方法
作業としては靴とヒールをセットしビスを打ち込むだけですが、このとき所定の位置に正しい角度で入れ、ちょうど良いタイミングでリリースすることが重要です。

正確に位置決めするには、穴の開いた治具を使う方法、靴型に穴を通しておく、手で測りアタリを付けておくなどの方法があります。
穴の開いた治具を使う場合、角度も同時に決めることが出来ます。
ビスを打つ位置は中底の踵後端からの距離で表します。
角度は中底面に対して垂直に入れる事が最も強い結合になります。
続きを読む
posted by 株式会社 パイン at 16:20| Comment(0) | 靴作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【専門向け】ヒールとれ問題の対策について(その2)

事故発生の要因の考察
●もともと材料の強度不足の場合
ヒール取り付け強度の試験方法がJIS規格にあり、その試験結果(KgfまたはNの数値として表される)について各社毎に合格(安全)基準値を設定して判断しています。
一般的には60Kgfまたは600N以上といわれています。
もともと部品(ヒール、中底、ビス)のどれかが強度不足の場合は、どのような取り付け方をしても、試験結果は合格判定基準には達しません。

また合格範囲の結果であっても、相対的な弱点を知る意味で、試験資料のどの部分が壊れたかを見ておく必要があります。

最近は多くの事業者がヒール取り付け強度の試験を実施しており、試験結果では合格していた品番でヒールとれを起こすという事は、ヒール取り付け工程のバラツキの中で、材料の強度を落としてしまったものと考えるのが妥当と思います。


●ヒール取り付け後の材料強度
ヒールを取り付ける場合、中底(靴)にヒールをセットし所定の位置にセンタービス(以後単にビスと書きます)を打ち込みますが、そのときビスを回転させずにまっすぐ押し込む方式と、回転させてねじ込む方式があります。

前者はねじ山をヒール内部に押し込むときに広範囲のヒール材を壊してしまいます。
というのは、ヒールに使用されるABS樹脂は、プラスチック靴型に使用されるポリエチレン樹脂などよりも弾性が低く、ねじ山が通過するときへこんで逃げることが少なく破壊されてしまうので、ねじ山とかみ合う部分の強度が低下すると考えられます。
ビスねじ山にも同じだけせん断力が加わりますが、鉄とプラスチックの強度の違いによりヒール側が壊れます。
しかし瞬間的に押し込まれるので、僅かな弾性による逃げと摩擦熱による再融着により強度がある程度戻るとされています。
図に表すとこんな感じでしょうか。

ネジ図_02.jpg
続きを読む
posted by 株式会社 パイン at 15:55| Comment(0) | 靴作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする